img_02

資金を調達するための不動産担保ローン

企業経営の生命線は資金調達にあります。
たとえ普段から親しく付き合いのある銀行であっても、事業の先行きが厳しく映ってしまうとそう簡単には追加の融資をしてくれない時代です。大手企業なら多少経営状態が悪くても、倒産させたほうが大きな影響が出るので、銀行もやむを得ず融資を行います。


しかし規模が小さくなるにつれて、どうしても見放される結果となります。


会社の業績そのものは順調に推移していたとしても、取引先の状況次第では入金が遅れてしまうことは近年珍しくなくなってきています。

カードローンの比較の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

短期間の資金の調達さえできていれば、事業を存続できるにもかかわらず、銀行をはじめとした金融機関の対応が厳しくなっています。

そこで活用したいのが、不動産担保ローンです。


不動産担保ローンは、その名の通り、まさに不動産を担保に入れることで金融機関から融資を受けることのできる方法です。

不動産担保ローンなら、万が一返済が不能になるようなことがあっても、担保に同等の価値の物件を摂っているので、痛みは一切ない仕組みとなっています。

むしろ会社側としては、自社物件や社長名義の物件を担保に入れるという大きなリスクがあります。

不動産担保ローンを利用する結果、最悪会社の所在地を回収されたり、社長の自宅が担保として取られるということも起こり得ます。

もちろん融資を受けた以上は返済するのが当然ですから、契約通りに返済がはかどれば何ら問題は起こり得ません。



不動産担保ローンは、融資を受けにくい時代に確実に融資の受けられる方法であると認識しておきたいものです。

しかしあまり事業内容が厳しくなりすぎたから不動産担保ローンを利用すると、どうしても返済に関するリスクが付きまとうようになってきます。

資金調達ができる有効な仕組みとして利用の選択肢にはなるだけに、上手に活用するようにしたいものです。

融資を受けようとした当初と実際の経営状況が変わるということも予想されるだけに、慎重に検討をしたいものです。